ノミネート企業一覧&選考理由

ブラック企業大賞2013
 ノミネート企業8社とノミネート内容


6月17日、記者会見を行ない、下記のとおり「第2回ブラック企業大賞2013」のノミネート企業8社を発表いたしました。ウェブからの投票もあわせて開始いたしますので、ぜひご参加ください。



1.ワタミフードサービス株式会社
居酒屋チェーンや介護事業を全国展開している同社では、2008 年6 月に正社員だった森美菜さん(当時26 歳)が、厚生労働省が定める過労死ライン(月80 時間の残業)をはるかに上回る月141 時間の残業を強いられ、わずか入社2 カ月で精神疾患と過労自殺に追い込まれた。昨年2 月に労災認定されたあとも、同社は責任を認めることなく、創業者である渡辺美樹会長は遺族からの求めに応じず、いまだに面談も謝罪も拒否している。 亡くなった森美菜さんは連続7 日間の深夜労働、午後3 時から午前3 時半の閉店まで12 時間働かされた。閉店後も遠く離れた社宅には始発電車まで帰ることもできず、休憩室のない店舗で待つしかなかった。ほかにも休憩時間が取れない、休日出勤、強制的なボランティア活動、早朝研修、給料から天引きで買わされた渡辺会長らの著書の感想文提出などで疲労は蓄積した。残業に関する労使協定(36 協定)も店長が指名したアルバイトに署名させるという違法行為が労働基準監督署から是正指導を受けた。
遺族と支援する労働組合は、森美菜さんの労働実態と原因の解明のために経営者ら責任ある立場の人との面談を同社に求め続けているが、同社は顧問弁護士のみとの面談を除いて応じる姿勢を見せていない。逆に同社は昨年11 月、遺族を相手取って同社が支払うべき損害賠償金の確定を趣旨とした民事調停を申し立てた。
報道によると、同社が全社員に配布している「理念集」という冊子には「365 日24 時間死ぬまで働け」と書かれているという(『週刊文春』2013 年6 月13 日号)。


2.株式会社クロスカンパニー
人気女優の宮崎あおいをCM起用したメインブランド “Earth Music&Ecology”で若い女性に人気の企業であり、また、店舗従業員も含めて、全員が正社員として雇用されているとして一部で「女性社員の働きやすい企業」として宣伝されている企業だが、その労務管理には、大きな問題があった。
2011年2月9日、立川労働基準監督署は、入社1年目の女性正社員(2009年10月死亡)が極度の過労・ストレスにより死亡したとして労働災害として認定している。この女性社員は、大学を卒業した年である2009年4月にクロスカンパニーに入社。同年9月に都内の店舗の店舗責任者(店長)に任命された。店長就任以来、日々の販売の他に、シフト・販売促進プランの入力、レイアウト変更、メールによる売り上げ日報・報告書の作成、本社のある岡山での会議出席などに追われた。スタッフが欠勤連絡のために、深夜0時や早朝5時に携帯電話に送ってくるメールにも自宅で対応しなければならなかった。勤務シフトは通常3~5人で組まれていたが、相次いで3人退職した後も会社は人員を補充しなかった。売り上げ目標達成に対する上司からの追及は厳しく、マネージャーから店長に「売上げ未達成なのによく帰れるわねぇ」という内容のメールが送られてきた。亡くなった女性のノートには、本社のある岡山での会議で「売り上げがとれなければ給料も休みも与えない」旨の指示があったことが記されている。この女性は、働いても働いても売り上げ目標が達成できないので、2009年9月には、売上額を上げるために自分で計5万円以上も自社商品を購入していた。彼女の2009年9月の時間外労働は、労働基準監督署の認定した時間だけでも少
なくとも111時間以上だった。そして、極度の疲労・ストレスの中、2009年10月に亡くなった。


3.株式会社ベネッセコーポレーション
2009年、人事を担当する人財部のなかに「人財部付」という部署が新設された。ここに配属された女性社員は、「あなたたちには問題があります。受け入れ先を獲得する活動をしなさい」と上司から指示された。電話に出ないように指示され、名刺も持たされなかった。社内ネットにもアクセスさせなかった。自分を受け入れてくれる部署をさがす「社内就職活動」をしながら単純作業をするように命じられていた。また、他部署をまわって雑用をもらってくることも命じられた。仕事の大半は、段ボール箱の片づけや懐中電灯へのテプラ貼りなどの単純作業だった。「再教育」は名ばかりで、単純作業をやらせることによって、社内には仕事がなく、退職以外には方法がないと思い込ませる場として設置されていた。ベネッセ側は、「『人財部付』は従業員の配属先を決めるまでの一時的な配属先。退職を勧めるための場ではない」と主張していた。
2012年8月、東京地裁立川支部判決(中山典子裁判官)は、人財部付が「実質的な退職勧奨の場となっていた疑いが強く、違法な制度」と判断し、この部署への異動も「人事権の裁量の範囲を逸脱したもの」として「無効」を言い渡している。


4.株式会社サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)
2010年11月8日午前1時ごろ、株式会社サン・チャレンジ(本社東京都渋谷区 上田英貴代表取締役)が運営するレストランチェーン「ステーキのくいしんぼ」渋谷センター街店の店長だった男性(当時24歳)が、店舗が入居するビルの非常階段の踊り場で首吊り自殺した。男性の自殺は、2012年3月に渋谷労基署が過労によるものと認定。同署が認定したところでは、男性が亡くなる前8ヶ月間(4月1日から11月7日)の残業時間は最も少ない月で162時間30分。最も多い月で、227時間30分に達していた。またこの間に男性が取得できた休日はわずか2日のみであり、亡くなった当日まで連続90日勤務していた。
これほどの長時間労働をしながら、男性は名ばかりの「管理監督者」として扱われ、残業代、ボーナスも支給されていなかった。また、やはり渋谷労基署が事実として認定した内容によれば、男性上司から「ひどい嫌がらせやいじめ、または暴行」を受けていた。「業務の指導の範疇を超えた、人格否定または罵倒する発言」が執拗にあったほか、「時には頭を殴るなどの暴行も行われていた」という。


5.株式会社 王将フードサービス(餃子の王将)
2013 年2 月5 日、「餃子の王将」で働いている25 歳の男性が、王将フードサービスを相手取り損害賠償を求める裁判を起こした。男性ははじめアルバイトとして王将で働き始め、10 ヶ月後に正社員として登用される。京都府内の店舗で調理などの業務を担当していたが、長時間労働のためにうつ病を発症し、11 年4 月から休職を余儀無くされている。うつ病を発症する直前の6 ヶ月の時間外労働は平均して月に約135 時間だった。男性のうつ病は、労災として認定されている。餃子の王将では労働時間管理をコンピュータで行っており、1 日10 時間を超える労働時間は入力できない仕組みになっている。このように、組織的に残業代の不払いを行っていたことも明らかとなった。原告の男性は、マスコミに対して「何やと思ってんねやろう、人を」とコメントしている。また、王将フードサービスは、過酷な新人研修についても度々報じられている。逃げ場の無い合宿形式で行われる研修では、「2 メートルでも瞬間移動」などの指導に始まり、「王将五訓」の暗唱や王将体操などをさせられる。一連の研修は、「人権」の考え方を「ペスト菌」のようなものだと主張する染谷和巳氏の経営するアイウィルが請け負っており、パワハラとみなされてもおかしくない状況が延々と続く。


6.西濃運輸株式会社
岐阜県に本社を構え、「カンガルーの西濃」として知られる運送大手の西濃運輸。神奈川県内の支店で事務職をしていた23 歳の男性が、2010 年12 月31 日にキャンプ場で硫化水素を発生させて自殺した。「毎日12 時間以上働かせ、サービス残業を強要した」などと遺書に綴っていた。
男性は2007 年3 月に入社し、荷物管理やクレーム対応などを担当していたが、タイムカードを実際の帰宅より早い時間に押させられて恒常的にサービス残業を強制されてうつ病を発症。亡くなった月の残業時間は98 時間だった。
西濃運輸の過労死事件が特に悪質な点は、2009 年11 月以降、三度にわたり男性が退職を申し出ているにもかかわらず、会社側がそれを拒否していたところにある。一度ならず三度にまでわたり退職を拒否し、一年以上仕事に縛り続けたのであるが、もし退職できていれば、男性は命を落とさなくて済んだかもしれない。
その後、労働基準監督署で彼の死は労働災害として認定されたが、遺族に対する真摯な反省などもないため、男性の両親は2012 年12 月8 日に同社に対して慰謝料や時間外労働の未払い賃金など約8100万円の損害賠償を求める裁判を横浜地裁に提訴している。報道によれば、男性の母親は、「会社側はサービス残業の実態を認めず、反省していない」「改善して墓前で謝ってほしい」などと話している。


7.株式会社東急ハンズ
生活雑貨の大手量販店として有名な「東急ハンズ」では、バレンタインデー商戦の裏で30 歳の男性が命を落としている。男性は、1997 年に東急ハンズに入社し、1999 年から心斎橋店(大阪市中央区)の台所用品売り場を担当するようになった。亡くなる直前には、チームリーダーを務め、7000 点の商品の仕入れから販売までを管理しながらアシスタント3 名の指導も担当していた。亡くなる直前の2 ヶ月間はバレンタイン商戦などの繁忙期で、時間外労働は平均して月に約90 時間を数えた。そして、2004 年3 月、帰宅後に「しんどい、もう限界や」と話した後、心臓に異常をきたして就寝中に突然死した。
2013 年3 月13 日、神戸地裁で遺族が東急ハンズに対して損害賠償を求めた訴訟の判決が下り、東急ハンズは約7800 万円の支払いを命じられる。長井浩一裁判長はは、長時間労働からくる睡眠不足で心身が不調をきたしていたことにくわえて上司から怒鳴られるなどの精神的ストレスがあったことを指摘し、男性の死を過労死と認めた。また、「残業は指示していない」と主張する会社に対して、「会社側が設定した残業制限時間では、こなせない仕事量になっていたのが実情。カウントされない不払残業が構造的に行われていた」、「会社は業務軽減などの対策をとらずに単に残業の規制をしただけ」だと評価し、安全配慮義務違反を認めている。


8.国立大学法人東北大学
2007年12月、東北大学薬学部助手の男性(当時24歳)が「新しい駒を探して下さい」との遺書を遺し、研究室から投身自殺した。
同大大学院薬学研究科博士課程に在籍していた男性は07年6月、「人手不足」との理由で指導教授から請われ退学し、助手に就任。当初の話では学位取得のための研究を優先できるはずが、実験機材の修理や実習指導に忙殺され、自殺直前2ヶ月の時間外労働は104時間、97時間だった。また07年10月からは指導教授の指示により、生殖機能異常などの副作用がある抗がん剤の実験に従事。排気も十分にできない環境で、ほぼ一人だけでの実験を強いられ、友人達に「もう子どもはできない」と漏らしていたという。このような環境にもかかわらず指導教授は、「仕事が遅い。他の子を採用すれば良かった」などと男性を叱責。自殺前にはうつ病を発症していたと見られている。12年3月に宮城県労働局が「業務上の心理的負荷が強い」として過労自殺と認定。12年12月には、遺族が大学側に安全配慮義務違反があったとして、仙台地裁に約1億円の損害賠償を求める訴えを起こしている。
さらに東北大学では12年1月にも、工学部准教授の別の男性(当時48歳)が自殺している。この准教授は、室温でリチウム高速イオン伝導を示す水素化物の開発に世界で初めて成功するなど、学会で注目を集めていたが、11年3月の東日本大震災で研究室が全壊。再開を目指し、授業と並行して国内外に93日出張するなど奔走したものの、ようやくメドがついた12年1月、大学側から「2年以内の研究室閉鎖」を一方的に告げられた。心のバランスを崩した彼は、そのわずか半月後に自ら命を絶った。
男性の死後、遺族は労災を申請し、2012年10月に「過重労働の恣意的強制があった」と認定された。


==================



ブラック企業大賞2012
 ノミネート企業10社とノミネート内容

「ブラック企業大賞」実行委員会では、2012年7月9日の記者会見にて、ノミネート企業10社を発表いたしました。またそのノミネート理由を、本日(2012年7月12日)併せて発表いたします。
下記のノミネート理由はいずれもすでに社会的に公表されている事実ですが、改めて取り上げることにより、ブラック企業を生み出す背景や構造を皆さんとともに考え、改善・解決をめざしたいと考えています。「ウェブ投票」の際にはぜひ下記をお読みいただけますよう、お願いいたします。

ノミネート企業一覧とその内容



1. ワタミ(株)
2008年6月、26歳の女性社員、森美菜さんが入社してわずか2ヵ月で自殺。「体が痛いです。体が辛いです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」――亡くなる1ヵ月前に森さんは手帳に書いていた。
最長で連続7日間の深夜勤務を含む長時間労働や、連日午前4~6時まで調理業務などに就いたほか、休日も午前7時からの早朝研修会やボランティア活動、リポート執筆が課されたりと、森さんの労働には過酷きわまる実態があった。
入社直後の5月中旬時点で1ヵ月の時間外労働が約140時間に上り、すでに抑うつ状態に陥っていた。遺族は「長時間の深夜勤務や、残業が続いたことが原因だった」などとして労災の認定を申請、2009年に横須賀労働基準監督署は仕事が原因とは認めず、遺族が神奈川労働局に審査を求めた。
神奈川労働局の審査官は、「残業が1か月あたり100時間を超え、朝5時までの勤務が1週間続くなどしていた。休日や休憩時間も十分に取れる状況ではなかったうえ、不慣れな調理業務の担当となり、強い心理的負担を受けたことが主な原因となった」として、今年2月14日にようやく労災認定がされた。

2.  (株)ウェザーニュース
同社は天気予報の情報を提供する会社であり、船舶やメディアへの提供の他、携帯電話での情報提供サービスも行なっている。気象予報士も社員にいて、テレビ番組などに派遣されている。
2008年に新入社員(25歳)が入社後半年で過労自殺。予報士になることを小さい時から夢に見ていた社員が、「予選」と呼ばれる試用期間の研修や、上司からの叱責に耐えられず自殺するに至った。研修で目標達成できないこの社員に対して、会社は「なんで真剣に生きられない」「君は何のために生きているの?」「会社に迷い込んだのか?」「まだ君は自分と向き合っていない」などの言葉で追い詰めていった。
労働時間が月200時間を超える月もあったことから、2010年6月に千葉労働基準監督署が「長時間労働による過労自死」と認定。裁判は和解の末、会社は再発防止を約束した。しかし、その後も社員の労働時間など偽装した疑いがあり、自分の働き方に不安を感じた他の社員(外国籍)が組合を結成。

3.  「すき家」(株式会社 ゼンショー)
2008年4月、牛丼すき家仙台泉店で働くアルバイト従業員3名が、株式会社ゼンショーに対し、未払いの本給、時間外割増賃金および紛失立替金の支払いを求めて裁判を提起した。原告ら3人は、2005~2006年に月間最大169時間の残業をしたが同社は支払いを拒否。また、原告の一人は事実上の店長だった時、店の売上金56万円が紛失したとして賃金から全額を天引きされ、返金を求めたが、同社は応じなかった。
この訴訟では、結審日として予定されていた2010年9月10日を前に突如、会社が8月26日に原告らの請求額合計994,777円をすべて認諾して、訴訟は終了した。
この過程で、アルバイト従業員3名が加入する「首都圏青年ユニオン」が2007年1月、残業代支払いやシフト差別等の問題について団体交渉を求めたところ、会社は団体交渉を拒否。そのため組合が団交拒否の不当労働行為救済申し立てを行い、2009年10月、東京都労働委員会は組合の申し立てを全面的に認め、会社に団交に応じること等を命じる命令を出した。
しかし同社はこれに対し中央労働委員会に再審査を申し立て、中労委は、2010年7月21日付の命令書を交付し、会社の再審査申し立てを棄却した。都労委の命令書などによると、ゼンショーは組合員の一部との契約は業務委託で、雇用する労働者ではないとして団交に応じなかった。だが、従業員は会社のマニュアルに従い、決められたシフトで働いていることから、都労委は労働契約関係にあるとして会社の主張を退けている。
同組合は、2012年7月現在、同社の団体交渉拒否に対する損害賠償訴訟を継続中。なお、ゼンショーは、首都圏青年ユニオンとの団交に応じるように命じた中労委命令を不服として国を提訴している。

4.  「SHOP99」(現ローソンストア100)(株式会社 九九プラス)
2011年5月31日、安売りコンビニエンスストア「SHOP99」元店長が、権限のない「名ばかり管理職」で残業代なしの過酷な長時間労働で健康を壊したとして、未払い残業代と慰謝料の支払いを認める判決が出された。判決では、この店長が「名ばかり管理職」だったと認め、会社側に対し、残業代44万8376円と付加金20万円、慰謝料100万円の計164万8376円を支払うよう命じた。
SHOP99を運営するのは、コンビニ大手ローソンの完全子会社、九九プラス。店長は、2006年入社後、わずか9カ月で店長となったが、「管理監督者」扱いで残業代は払われず、店員時代より賃金は8万円も下がった。37日連続勤務など過酷な労働が原因で、うつ状態と診断され、入社から1年2カ月で休職に追い込まれた。
判決では、店長の職務内容、責任、権限、賃金からみて「管理監督者に当たるとは認められない」と指摘。「時間外労働や休日労働に対する割増賃金が支払われるべきである」とした。うつ状態についても、「業務と本件発症との間には相当因果関係が認められる」として、会社が安全配慮義務に違反したと断じている。この店長は、「判決は、自分の思いに後悔のない中身になっている。健康を取り戻せず、苦しかった。やっぱり働きたい。会社は人を人として扱ってほしい」と語った。

5.  株式会社 すかいらーく
ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、グラッチェガーデンズ、すかいらーくなどファミリーレストランを全国チェーン展開している。2004年8月、グラッチェガーデンズ店長だった中島富雄さん(当時48歳)が過労死で亡くなった。直前の月は180時間を超える残業を強いられ、夜中の3時に帰宅して6時30分には出かける日もあった。
上司からは「いやならヤメロ」とか「コジキになれ」などとの暴言を浴びせられる日々だった。中島さんの死後、妻の晴香さんが遺族として全国一般東京東部労組に加入し、会社と団体交渉を重ねた結果、会社が謝罪し、損害賠償金を支払うことと再発防止策を実施することなどで解決した。
その賠償金をもとに晴香さんは「過労死をなくそう!龍基金」を設立。過労死・過労自殺の根絶に貢献した団体や個人を毎年、中島賞として表彰している。
ところが、2007年10月、すかいらーくの契約店長だった前沢隆之さん(当時32歳)が過労死で亡くなった。前回の過労死で再発防止を約束したにもかかわらず、またもや過労死を出したのである。店長を1年雇用の有期契約として非正規化し、雇用の不安定化と低賃金に置いたうえに長時間労働を押しつけるという悪らつなやり方も浮き彫りになった。前沢さんの母の笑美子さんがやはり全国一般東京東部労組に加入し、交渉で会社側に非正規労働者でありながら正社員と同等の損害賠償金の支払いを認めさせた。

6. 株式会社フォーカスシステムズ
2006年9月16日の深夜、当時25歳の男性が、京都・鴨川の川べりでウイスキーをラッパ飲みし、急性アルコール中毒で死亡した。720mlのウイスキー瓶には中身が2cmほどしか残っておらず、正常な判断ができれば明らかに避ける飲み方だった。
亡くなったのは、独立系IT企業「フォーカスシステムズ」(本社・東京都品川区 JASDAQ上場)に勤める、4年目のSEだった。同社は大相撲の八百長事件の調査にも使われたデジタル鑑識の大手だが、男性の仕事は3年目に急激に多忙となり、この年4~6月の残業時間は132時間、206時間、161時間と過労死基準を大幅に超過。年間トータルでは1350時間に達した。亡くなる3ヶ月前の06年7月、同じSEでも従来のウェブ系と全く畑違いの「組み込み系」部署へ異動。だが、この業務では不慣れから納期を逼迫させ、降格も経験。残業時間も8月に130時間、9月も半月で50時間を超え、自宅でも出勤前の朝食時、両親の見ている前で寝入ってしまうことが増えていたという。
いつもどおり家を出た後、衝動的に京都へ向かったその日は初めての無断欠勤だった。男性の両親は「息子の死は過労でうつ病を発症した結果」と訴え、中央労働基準監督署に労災を申請。07年10月10日認定されたが、遺族が弁護士を通して補償の申し入れをすると、会社は「当社と本件との間に因果関係は認められないものと考えている」と回答した。 11年3月7日、東京地裁は会社に5960万円の損害賠償を命じる判決を出した。遺族代理人によると、精神疾患を原因とする急性アル中死で会社の法的責任を認めたのは初めて。 
★参考サイト:『回答する記者団』)

7. 有限会社陸援隊 および
  株式会社ハーヴェスト・ホールディングス
乗客7人が死亡、乗客乗員39人が重軽傷を負った「関越自動車道高速バス居眠り運転事故」(2012年4月29日)。上記2社は、この事故におけるバスの運行会社と、バスツアーを企画した旅行代理店である。
国土交通省関東運輸局の特別監査の結果、陸援隊が「(道路運送法で禁じられている)運転手の日雇い雇用を行っていた」「運転手の過労防止措置が不十分だった」「高齢・初任の運転手に適正診断を受けさせていなかった」など28項目242点の法令違反が発覚。また国交省近畿運輸局が立入検査した結果、ハーヴェスト社にも「委託先バス会社の名前を乗客に事前に知らせていなかった」など複数の法令違反が確認された。
国交省は6月22日、陸援隊の事業許可取り消し処分を決定。また7月4日には観光庁もハーヴェスト社を事業停止処分(47日間)としたが、同社は同6日に事業継続困難を理由に事業廃止を申請している。現在は破産申請に向けて準備中とされ、被害者への補償問題はますます先行きが見えなくなっている。なお高速バス業界では、規制緩和に伴う過当競争勃発の結果、2社同様のコンプライアンス違反は「日常的」との指摘もある。

8. 株式会社 丸八真綿
丸八真綿(本社・静岡県浜松市)は、高級布団の訪問販売を主力とする寝具の製造販売会社。50年の業歴を有し、1970年代には人気力士・高見山を起用したCMで知名度を上げた。
布団の訪問販売は、「押し売り商法」「クーリングオフ妨害」などの消費者問題を業界全体として抱えているが、今回のノミネートは、会社分割制度を悪用して従業員を不当解雇した、以下の事例による。同社は08年4月、製造部門のベテラン社員О氏に退職勧奨を行ったが、О氏が管理職ユニオン東海に加入して抵抗すると、「森田店」という訪問販売部門を新設し、そこに他の組合員2名とともに異動させた。
さらに同社は09年2月、会社分割により新設した子会社「エム・フロンティア」に森田店の業務を継承。この会社にО氏を強制転籍させると、実体のある事業を何も始めないまま7ヶ月で同社を解散し、О氏も整理解雇した。 現行の会社分割制度では、労働者は分割子会社への転籍を拒めないとされる。だがO氏は、エム・フロンティアは従業員解雇のみが目的のダミー会社であり、自身の転籍も無効と主張。整理解雇後の未払い賃金・賞与の支払などを求めて会社を提訴した。
2011年3月24日、裁判所はО氏の主張をほぼ全面的に認める形で和解を勧告。丸八真綿もこれを呑み、同社がО氏に解決金(未払賃金・賞与のほか、定年までの約2年分の将来賃金・賞与分を含む)を払うことで解決した。

9. 株式会社 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ (富士通SSL)
富士通SSLは富士通の下請け企業である。2002年4月に同社に入社しSEとして働いていた新卒男性社員が2006年に急性薬物中毒で亡くなった。
1カ月80時間以上の深夜勤を含む時間外労働を強いられ、先行実施が同年末に迫っている地デジプロジェクトへの従事、人員不足などもあり厳しい職場環境だった。長時間労働にもかかわらず会社側は増員することもなく、職場に仮眠を取れるようなスペースもなく、疲労を回復することができない。また、せまい事業所内で人が多く二酸化炭素濃度も高かった。さらにミスが多いと納期に間にあわなくなってしまうため、ミスが許されず精神的負担を強いられる。比較的単純な作業で達成感が得られない。
こうした労働の結果、男性は2003年9月にうつ病を発症してしまい、休職と復職を繰り返すようになり、治療薬を過量服用して27歳で亡くなった。 2006年に男性の遺族が行った労災申請では薬物の過量服用が労災と認められず不支給処分となった。
しかし2011年3月25日に遺族が行政訴訟を起こし、上記のような業務環境の過重性がなければうつ病を発症せず、過量服用に至ることもなかったと判断された。同年4月に厚労省が控訴を断念したことで過労死であるとの労災認定がなされることとなった。
「ブラック企業」という言葉を広めることとなった『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』でも描かれているように、SEの職場環境の過酷さについては一定の認知を得ているが、若年のSEが過労死し労災が認められた裁判例は乏しい。このことからも同社をブラック企業の象徴として認定することの意義は大きい。また同社が富士通の下請けという点も、ブラック企業を生み出す大企業-下請けの業界構造の問題を端的に示唆しているといえる。
★参考サイト:「システムエンジニア西垣和哉さんの過労死認定を支援する会HP

10.  東京電力 株式会社
2011年3月11日、東日本大震災の後に発生した福島第一原発事故により、広範囲にわたる放射能汚染を引き起こした。その収束に向けての対応、また避難者・被害者への保障についても、2012年7月現在も不十分といわざるを得ず、日本全体の社会、経済に多大な被害を与え続けている。また農地や海、川や山という自然環境そのものの放射能汚染は、今後数100年、数万年にも及ぶため、人類・自然環境への影響は計り知れない。
労働という視点では、同社は原発稼働・点検のために多数の労働者を必要としているが、その多くは正社員ではなく、派遣・日雇い労働者によるもので、5次・6次にわたる多重請負の構造がある。その中では、被曝に関する安全管理や教育も不十分であり、また使い捨てともいえる雇用状態が続いている。これら総合的な観点から、今回のノミネートに至った。

20 件のコメント:

  1. ブラック企業大賞 実行委員会様が悪を暴き正義を守るの?
    東京電力にしても、元々政府のガイドラインに問題があったし、当時の首相の行動と言動において、引き起こされた事故との論文もあった!
    この大罪はどうなるのか…???
    また、放射能被害に関しては、利益を一番に考えるマスゴミの報道がある!
    見えない恐怖を食い物にして、不安を煽り記事を買わす…
    後から被害が出なかったとしても、数十年後を心配をして記事を書いたと言えば、その責任も取ることは無い…
    こちらの方がよっぽどブラック企業、団体ですよ!

    >放射能汚染は、今後数100年、数万年にも及ぶため…
    じゃ~12万人以上の方が亡くなった広島県には人が住めない状況なのか?
    このマスコミの偏向報道により、真面目に節電に取り組み、熱射病で亡くなる方の方が遙かに多いではないか!
    この方達の命の責任をまた東電になすりつけるのか?
    ある特定の悪者を作り上げ、つるし上げるのは一見正義に見えるが、その功罪も非常に大きいとしか言わざるを得ない!

    ワタミだろうが何だろうが、入った企業が自分と合わないのであれば、辞めるだけ…
    現に働いて残っている人たちもその企業を支えている訳なのだから…
    この中で働いている人たち全てが愛社精神が無いのであれば、貴方たちがいちいちご丁寧に裁かなくても、とっくに潰れている…

    大賞と言うネーミングも、正義でやっているのでは無く、おもしろ半分でやっているとしか見えないのだが…

    返信削除
    返信
    1. このサイトでは、今の企業の現状などから賞を決め、企業でどのようなことがおこっていたのかを大衆に知らせるための役割をしているだけなので、悪を暴くわけでもなくおもしろ半分でもありません。企業のみなので、首相も関係ありません。
      それに加えあなたは、ブラック企業団体の意味もとり間違えています。決して悪い会社という意味だけではありません。

      上記のことをお考えになってからコメントされてはいかがでしょうか?

      削除
    2. 企業の現状って、メディアやマスコミで報道されているものだけのようですが、これで充分でしょうか?

      削除
    3. 「光の爆弾」氏の論理は破綻している。
      >>じゃ~12万人以上の方が亡くなった広島県には人が住めない状況なのか?

      そもそも(文字どおり)爆発的に大量の放射性物質を撒き散らす原爆と核分裂が一気には起こらない原発とを同列とするのは無知としか言いようがない。原爆と原発事故では「初期放射線」と「残留放射線」との関係が違いすぎる。

      ①議論する対象物を理解していない。

      それからもうひとつ。例えば広島の原爆の爆発時の火球は中心温度100万℃、球体の外周でも数千℃となった。火球の直径は200m以上。この強烈な熱気により猛烈な上昇気流が起こり、一気に残留放射線は成層圏まで持ち上げられ、世界中に拡散した。広島が残留放射線の影響を多く受けなかったのはこういうこと。しかし福島は違う、成層圏にまで一気に持ち上げられる上昇気流はなく拡散のエリアは狭い。風向きによっては国内の狭いエリアに降り注ぐから、立ち入り禁止エリアが設けられ、住民は自宅に帰れない。
      ②、①に加えて問題となる現象の時間的および空間的なスケールを光の爆弾は取り違えている。

      >>入った企業が自分と合わないのであれば、辞めるだけ…

      これも現在の就職状況の無理解からくる無責任な意見だ。
      何十も落とされてようやく(正社員として)内定をもらった会社を簡単に辞めるという発想があるはずはない。辞めれば、一生正社員になれないかもしれないし。そもそも、普通の人は「辛いから辞める」と簡単に発想しない。そんな簡単な我慢の足りない人だらけなら社会は発展しない。

      >>原発問題を騒ぎ立てるマスコミの方がブラック

      これは上記①と②の無知からもきているがもうひとつ決定的に幼稚な部分がある。

      ③管理人の主張する「ブラック」の意味を取り違えている。

      ここでいうブラックとは
      1.離職率(高い)
      2.企業内年齢比率(長く働く人がいない)

      など定量的な尺度で議論されているのもを定性的にとどまる言説を持ち出して否定しようとしている。

      管理人が気に食わなければもっと頭のいい言説を持ち出せばいいものを・・・
      頭が悪すぎる

      削除
  2. とてもユニークで社会的意義のあるイベントであると感心した。
    中身はブラックジョークであるが、
    労働者の権利が疎かにされがちなこの国において、
    マスコミや人々の耳目を集めるこのようなイベントを開催し、
    所謂人権侵害企業に対して社会的制裁を加えることには十分な意義があると考える。
    ノミネート(笑)されている企業もそのノミネート理由をみれば、
    これに値する企業ばかりである。
    これらのような企業に対して社会的制裁をいかに加えるか、
    今後も色々知恵を絞っていきましょう。応援しています。

    返信削除
    返信
    1. ちゃんと取材しているこっちのほうがマシ。
      http://www.mynewsjapan.com/reports/1788

      削除
  3. 返信
    1. そのとおり。会社の現状を現場の取材なしで把握仕様としていること自体がたるんでいる。

      削除
  4. この様に発覚したり、社会問題化した案件はまだ良い方で、この裏には地雷を踏みつけて人知れずフェードアウトせざるを得なかった人も大勢いるはず。「町のラーメン屋の親父がアルバイトのJKにセクハラ」これだって立派なブラック。
     人としての価値が、働く側も、働いてもらう側も、全員、軽い紙風船となった現代日本。そんな日本国こそブラック国家なのかもしれませんね。

    そして、ブラックを踏みつけたら、所詮、浮世はだましあいと割り切って、さっさとほかに移ることを提案します。

    返信削除
  5. 小さい会社は大きな会社のやってることをお手本にするものです。
    あれだけの不当なことをやったからこそ大きく成長したのだ。うちもそのくらいしないと会社は立派になれない。そういうことをする小さい会社も徹底的に調べつくしてここで発表されることを望みます。

    返信削除
  6. 大なり小なりブラック企業は、公表するべき所詮 企業は、中で働いている人は駒の一つ
    と思ってる所がある。ドンドン見きりをつけて変えるべきだと思う。働く人が居るから会社は大きくなれる訳で、そこをはき違えていると思う。そう言う企業は、潰しちゃぇば!!???

    返信削除
  7. ブラック企業は地方にも数多く存在する。
    私は、株式会社大潟村あきたこまち生産者協会を推薦する。

    返信削除
  8. 二児の父である知人が現場を見ないクソ上司の勝手な采配によって追い出されそう。しかもどこからどう見ても会社の都合のくせして①給料減額か②「個人の都合での」辞職の二択を迫ったそうな。株式会社トゥースリーもクソ企業もとい黒企業リストにぶち込むべき。

    返信削除
  9. ブラックが当たり前になっている、俺はその犠牲者だ、人のありがたさを知るべきだ!ブラックは全ての役職者を変えるべき!もちろん代表者も変えるのは言うまでもない!

    返信削除
  10. HP「ブラック企業大賞」を称えます。

    愛あれ!

    返信削除
  11. ヤマダ電機のブラックさは半端じゃないぞ。御用組合強制入会決定。拒否する者は解雇。もちろん個人の承諾なし。組合費は明示せずに7月より実施。

    返信削除
  12. ブラック企業のなかには、給与はうんといいのもある。法律すれすれで逃げ切るのぐ企業だ。

    返信削除
  13. 안녕하십니까.기업 에 문추잇서시,벌률 에 변호사가문추업서요.

    返信削除
  14. なぜ、セブンイレブンが入ってない?

    皆さんが知らないだけで、ノミネートされているどの企業よりも酷い会社です!!

    世界でも例を見ない、粗利の50%を超える高い本部ロイヤリティ!!

    売れ残り商品の原価を仕入れと認めず、加盟店の純利から全額差引くと言う、本部ノーリスクの会計方式!!

    本部に逆らおうものなら、契約解除をちらつかせ、未だに優越的地位を濫用し、何人ものオーナーを自殺に追い込み、多くの家庭を離散させている!!

    こんな詐欺まがいのフランチャイズ契約を言葉巧みに締結させ、巨額の利益をあげ続けている悪徳企業です!!

    皆さん、騙されないで下さいね。

    返信削除
    返信
    1. こんちには、始めまして。
      50才のおじんさんです。よろしくお願いします。

      最低賃金というのは、国民一人々の生活、生きる保証を示した、それを法律で決めこれを守らないと罰則が与えられるもので、素晴らしい法律ですが、その法律にも抜け道があります。
      請け負い契約、外注に任せ、その外注業者も個人に請負で出す。

      何か間違った所があれば教えてください。なにぶんしろーとなもので。

      労働者が働いた賃金は経営者が決めるのは当たり前です。
      「あいつは働きが悪いから他の奴らより1000円さげよう」
      「あいつは今月会社に50万円の利益を挙げたから他の奴より500円給料を上げよう」
      この判断をするのは経営者でしかありません、いや上司の場合もあるでしょうが、最後には経営者に承認をえることでしょう。
      それは仕方のないことです、方策を考える必要があると思っていますが、ここではやめときます。
      賃金を決めるのは経営者これが世の中の原則です。
      そして最低賃金という法律を守る。そうしなければ会社の存続がむつかしくなるからです。

      賃金は経営者の気持ちにかかっている。今までの習慣とか、実績とかあるでしょうが、それはこの会社で成り立っている日本社会の全部の会社が賃金は会社の経営者の気持ちにかかっているのです。

      途中ですが、 何か間違った所があれば教えてください。なにぶんしろーとなもので。

      それで国家は法律を作り労働者を守るために最低賃金を取り決めた。どこまで守るかという線引きはだいぶ下の方ですが。

      ここから先は私の希望です。
      6000万人の労働者をすべてこの最低賃金で守るの無理だと思います。各会社の経営構造は多種多用です、また赤字もあれば黒字もある、経営者の気持ちにかかっているなら、その性格はそれこそわかりません、その賃金の決め方が間違っていると指摘できるのは最低賃金を下回った場合のみです。
      会社が伸びるために、人材に金をかける企業があるでしょう、その逆もあり会社が延びる為に賃金をカットする会社もあるでしょう。
      こんな風に複雑な環境の中で賃金を公平に取り決めるのはまず不可能です、労働者の考える公平と経営者の考える公平は違いますし、第一にそこの法的規則はなにもありません。

      「そんなにうちの会社の給料が嫌だったらやめればいいじゃないか」
      という声が聞こえます。確かに職業選択の自由とか言って、選べる自由があるようにしていますが、選べるでしょうか?どんな労働、どんな製品、どんな業績をあげたら給料がアップする、そんなこと入社の前にわかる訳がありません、わかったしてもほんの少しです、まず会社側は教えようとしていません。

      それで私考えたんです、根本的になおるような方法ではありませんが。入社前に必ず株主になるそして収支決算書をもらい、従業員名簿と給料の実績と業務内容の確認をする。そうすれば大方の予想は出来ます、例えその予測が外れたとしても、自分の読み方が甘かったとか、反省が出来ます。次の転職にも役に立つでしょう。

      私の希望を書きましたが、この希望はたぶん不可能だと思いますが。なんとかなりませんか?
      長々と読んで頂きましてありがとうございました。

      ご返事待っています。

      削除